ゲゲゲの鬼太郎(第4作)

次回放送: 9月27日 (火)

まもなく『ゲゲゲの鬼太郎(第4作)』を放送

close
9月27日 (火)
えんま大王とねこ娘
日本語 SD
第 48 話
9月27日 (火)
水妖怪赤舌の疾走!
日本語 SD
第 49 話
9月28日 (水)
水妖怪赤舌の疾走!
日本語 SD
第 49 話
9月28日 (水)
遊園地の吹き消し婆!
日本語 SD
第 50 話
9月29日 (木)
遊園地の吹き消し婆!
日本語 SD
第 50 話
ゲゲゲの鬼太郎(第4作)

ゲゲゲの鬼太郎(第4作)

世の中には不可思議な物事がたくさんある。なのに人間たちは、この世のすべてが自分たちだけのものであるかのようにやりたい放題。我が物顔で振るまい、やがて妖怪たちの領域をも脅かすようになった。近ごろ人間たちの上に降りかかる数々の災厄は、怒った妖怪たちの復讐だったのである。しかし鬼太郎は、良い人間だってたくさんいることを信じていた。だからこそ、ねこ娘や砂かけ婆、子なき爺やねずみ男といった仲間たちと共に、人間と妖怪の共存を信じて今日も戦い続けるのである。
足かけ2年に渡って放映した、『ゲゲゲの鬼太郎』4回目のアニメ化作品。原点回帰を目標に掲げ、ヒーロー物として組み立てられた前作と比べると、妖怪物らしい雰囲気を強く残している。登場する多くの妖怪たちも原作のデザインに忠実に描かれ、ねずみ男のマントがはじめて漫画版と同じ色に設定されている。また、水木漫画に強い影響を受けたことで知られる作家の京極夏彦氏を脚本に起用するなど、オリジナルのストーリーにも力を注いだ。第64話からは従来のセル画ではなくコンピューター彩色を採用し、日本初のデジタル製作によるテレビアニメとして製作。古きものと新しきものを巧妙に融合させたエンターテイメントとして、現代のアニメーションを語る上では外すことのできない作品である。


制作:1996年
©水木プロ・東映アニメーション

この作品を見るなら


※アニマックスオンデマンドは2週間お試し対象外と
なり
ますのでご了承ください。
 

実施中のキャンペーン

キャンペーン一覧

ただいま放送中

今夜の見どころ

名探偵コナン
第 483 話


加入ボタン