新作アニメ「新あたしンち」

[特別企画] 小倉宏文監督インタビュー

  • 前編

  • 後編

ついに10月からアニマックスにて放送となる『新あたしンち』。

現在制作真っ只中の現場から、特別に小倉宏文監督にお話を伺うことができました!前編は、『新あたしンち』について、後編では小倉監督自身について、たっぷりとインタビュー。

ユニークな経歴の小倉監督ならではの『新あたしンち』はどんな仕上がりになるのか?他では聞けないお話をたっぷりお話しいただきました。

前編

『新あたしンち』について

『あたしンち』新作の制作決定を知った時の感想を教えてください

 企画が動き出した頃はまだ自分が監督するとも決まっていなくて、実は世間話レベルでしか知らないくらいでしたが、「え、マジですか?」と思いました。というのも、結構前にやっていた作品なので、もうある意味完結させたものだと思っていたんです。そういう意味ではビックリしましたね。

第1作目はご覧になりましたか?

 初期のは見た記憶がありますね。長い作品なので、中盤頃は意識して見ていたというよりも、アニメ専門チャンネルなどでちょくちょく放送されているのをよく目にしていました。

小倉監督から見てあたしンちの魅力とは?

 ゆる~い感じ、じゃないですか?(笑)家族のこととかきちんと描いてはいるんだけど、作った感じがなくて自然体で力が抜けているような、どこにでもいるような家族が描かれているところだと思います。

今回アニメ化されるものは、原作からのものとアニメオリジナルがあるようですが、原作からアニメ化するエピソードはどうやって選定しているのですか?

 原作に関しては、前作のアニメ終了後に生まれた原作エピソードを中心にチョイスしています。オリジナルに関しては、原作で描かれていないけれどもファンにとっては気になる部分をあえて拾うようにしています。たとえば、ユズヒコとみかんの友達の中でも、主人公ではない、友達とその友達のコミュニティでのつながりとか、彼らは普段なにしているんだろうとか、そういうニッチなところに目を向けて制作しています。

 他にも、原作者のけら先生との話の中で、原作ではページ数などの制約があって描ききれなかったことをアニメで実現しよう、というパターンもあります。

 ファンの方と原作者の両方の意見を反映していると言ってもいいかもしれません。

『新あたしンち』で挑戦してみたいことはありますか?

 前作があるものなので、大きく変えて前作ファンががっかりするようなことは避けたいなと思っています。変えちゃいけない土台はそのままに、変えていい部分はちょこちょこ僕なりに変えていっています。具体的には…ネタバレになるのでやめときますが、「ほんのちょっぴり狂気を足した」とだけ言っておきます(笑)

制作する中で、難しいなと思うところは?

 長くやってきた作品なだけに、スタッフみんなが『あたしンち』に詳しく、それぞれが自分なりの『あたしンち』像を持っているんです。それを軌道修正していかなければならないというのはありますね。否定するのではなくて、それぞれのイメージをひとつにまとめていくようにしたいので、その取捨というのは大変ではありますね。

制作現場の雰囲気はいかがですか?

 作品と同様、ゆるゆるで良いですよ。“ゆるゆるではっぴー♥”な感じです(笑)

小倉監督から見た、けらえいこ先生は?

 前作との関わりがなかったので、初めてお会いするときは結構構えていました。でもいざお話ししてみると、楽しいものや面白いものが作りたいと非常にポジティブな話をたくさんされますし、好き嫌いもはっきりしていてわかりやすい。制作も任せてもらっているので、スケールの大きな方だと思います。

小倉監督が『あたしンち』で一番共感できるキャラクターとは?

 石田ですね!あれこそ『あたしンち』の根幹の思想から生まれたものじゃないでしょうか。彼女のセリフはどれをとってもいちいちもっともで、僕にはとてもハマるので、シンクロしてるってことじゃないかなと。とはいえ、一般的にはクラスに一人いるかいないかの変人の類に見られるキャラだと思うので、作品に登場させようと思うと、どう本線に絡めるかというのがなかなか難しいです。僕としては石田だけで作りたいとすら思うんですけど(笑)。石田には絶対コアなファンがいると思うので、石田の登場シーンは楽しみにしててほしいですね。

放送を楽しみにしていらっしゃる方に一言お願いします。

 少なくとも原作や前作アニメをご覧になった方の期待を裏切るようなことはしないので、そこもご安心ください。作品の中身の保証はします!(笑)

 原作ファンの方も、前作アニメをご覧になった方も、今回のシリーズから初めて見る方も、ひいてはこれから生まれてくる次の世代の子供たちにも、いつみてもどなたにでも楽しんでもらえるようにと試行錯誤して作っているので、ぜひお楽しみに。

  • 前編

  • 後編

  • 前編

  • 後編

後編

監督ご自身について

アニメ業界に入ることになった経緯を教えてください

 何でしょうね…気が付いたらいたというか。コンテンツ系の業界に移ることになったきっかけ自体はバブルが弾けたことですかね。「アニメは不況に強い」と聞いて(笑)

 僕自身はバブル世代ではないのですが、前にいた業界がバブル崩壊後のダメージが残っていた部分があったので、不況に強いのならと…。(笑)

 元々コンテンツ制作を目指して上京したわけでもなく、前職も別業界、制作もやったことがなく、全くの初心者のまま色々な偶然が重なってこの業界に来たという、ちょっと異色な経歴なのかもしれません。そんな成り行きに任せて、初心者のまま制作業務を1からやることになりました。そこからは、水が合ったのか、周りが辞めたからか、いつの間にか監督のポジションになっていたという感じです。

 僕自身、『ドラえもん』が好きだったので、いつかそこに辿り着きたい、いつか『ドラえもん』を作ろう!と思って入ってきました。最初の5年くらいは『ドラえもん』を作りたいと色んなところで言っていましたね。

異業種からアニメ業界に転身したメリットはありましたか?

 “世の中は理不尽である”ということを最初から知っていた、というのはあるかも知れません(笑)だからあまり腹も立ちませんし、もともと飲食業で客商売を経験していたこともあって、コミュニケーションに困ることはなかったですね。むしろこの業界は口数少ない人が多くて、みんな静かでどうやったら仲良くなれるんだろう?と思うことはありました。

最初に演出を手掛けることになったときは嬉しかったですか?

 いえいえ、むしろ怖かったです。どうしたらいいものか…と。

 周りはみんなプロですし、経験も知識も少ない中で入っていかなければならないので、プレッシャーや怖いという思いしかなかったですね。当時教わっていた人たちには、素養がないから田舎に帰れとまで言われていましたので、嬉しいという感情よりも、納品してちゃんと放送し終わって、プレッシャーから解放されてやっと安堵、という感覚でした。

今のポジションを築く上で大事だったことは?

 生き残る才能というのも大事なのかもしれないと思います。うまく立ち回る才能も大事だとは思いますが、長く続けて現役でいる才能というのはまた別の才能で、僕はたまたまそれを持っていたのかも知れません。僕自身、フィルムを作る才能は普通で特別なものではないと思っていますが、それでもやってこられたのは、そういうことなのかもしれないと思います。

 それと、アニメ業界はバラ色だと夢を持って業界に入ったわけではないというのもあるかもしれません。「こんなんじゃなかった」とよく辞める若い子がいますが、それは少なくともどんなところかを想像してきているわけですよね。僕は初めからそんなものはないので、目の前にあることがすべてで、思い描いた世界とのズレなんて存在しなかった。過度の夢を見ていないからこそ、良い仕事をしてお金をもらって生活をする、という普通のこととしてやってこられて、その結果長持ちしているのかなと。そういう意味では、異業種からこの業界に飛び込んだメリットでもあるのかもしれませんね。

演出へのこだわりなどはありますか?

 もしも僕の演出に特徴が見える人がいるとすれば、アニメの論法を持ってこないところだと思います。もちろんアニメなので、アニメの論法を全く外して実写のようには取れない部分はありますが、いわば完全な我流です。誰かに教わったり、好きな演出家がいてそのやり方をしてみるとか、そういうことをしたことがないんです。それがルール違反と言われようとセオリー違反と言われようと、気にしません。ただ僕の快感原則に基づいて、そうしたいと思ったらする。製造過程や経緯がどうであれ、視聴者の方が面白ければそれでいいと思って作っています。美味しい料理を作るのと同じです。

ネットでの作品に関する感想や意見を見ることはありますか?

 もちろん、ネットの意見を読んだ人から耳にすることはありますが、僕自身は敢えて見ないようにしています。受け止めるべき批判や不満はあると思うのですが、表に出ていない色々な意見を持っている視聴者の方も多数いらっしゃると思うので、一部の側面だけを見てしまうことで、逆にそれにひっぱられてしまって制作側がブレてしまってはいけないと考えています。

 自分たちが最善を尽くして、良いと思うものを作って提供する、これを全力でやるべきかなと思います。

  • 前編

  • 後編

小倉監督、貴重なお話を聞かせていただき、ありがとうございました!

何度も笑いが起きるような、賑やかで和やかな雰囲気でインタビューが終了しましたが、お話しされている中に、監督ならではの明確なポリシー、冷静で客観的な一面を垣間見ることができて、多様な作品を手がけられてきたその理由がよくわかる気がしました。

現在、鋭意制作中の『新あたしンち』、期待大です!お楽しみに!

小倉宏文 (おぐらひろふみ) 岡山県出身。アニメーション監督。 過去の監督作品として、「黒執事II」(2010年/TVシリーズ)、「エリアの騎士」(2012年/TVシリーズ)などがある。

ページTOPへ戻る